2017年3月12日日曜日

アメリカとぼくらの挑戦と ~ Google NEXT 2017

国内を何度も何度も往復していると、日本が東京を中心に回っているというのは幻想だとわかってくる。

都市というのは、もっとフラットな存在なんだ。
だからこそ、フラットな都市の地平には、海外のさまざまな都市が連なっている。

そして、この連なりを、ぼくたちなりにつなげることができれば、それがぼくらの海外ビジネスなんじゃないか。そんな想いが、あふれるように強くなってきた。

キッカケは、Googleからのメール。過去最大のイベントとなる、アメリカはサンフランシスコで開催されるGoogle NEXT 2017への出展依頼メール。世界中のGoogle社員。世界中のGoogleパートナー。世界中のユーザーが集まるイベント。もちろん即決だった。

当たり前と言ってはダメなんだろうけど、アメリカにはどんな企業が機械学習ビジネスをやっているのか。どんな企業が注目を浴びているのか。大手の動き以外は何も知らない。

でも、そんなことはどうでもいい。あきらめたらそこが限界だ。あきらめなければ限界なんてない。


始まってみると、サブ会場を含めて、参加者1万人を超えると発表されていた会場は、英語もフランス語もスペイン語も。もちろんどこの言葉だかわからない言葉も。アメリカらしいというか、カルフォルニアらしい多様さにあふれた、まさしく世界がそこにはあった。

そして、ぼくの誇りでもあり、大好きな社員が、全力で作りあげたMAGELLAN BLOCKS

ブースのデザインも、brochureも、giveawayも。そんな社員が自発的にドンドン準備してくれた。だからこそ、高ぶりもなく。普通に日本の展示会に出るのと同じような感覚で、イベントは始まった。


オープニングの初日。展示会場で準備をして、訪れる人達に対応していたら、いつもぼくたちのことをサポートしてくれているGoogle Japanの人たちや、日本でGoogleのパートナーをやっている仲間というか戦友のような人たちから、「エリック・シュミットが、Googleには素晴らしいパートナーがいるという下りで、グルーヴノーツを紹介したんだよ。」と、ちょっと興奮気味に、教えてもらった。



驚いたというか、ありがたいとうか。やっぱり来てよかった。

そう、ほんとうに来てよかった。

どんなに良いサービスを作っても、姿を見せ、直接会って話すことは重要だ。

ハイデッガーじゃないけど、存在とは認識することなんだ。

そして、世界中のGoogler、パートナー、ユーザー。あらゆる人から、使いたい、試してみたい、resellerになりたい。たくさんのポジティブな意見をいただいた。

同時に、アメリカや、ヨーロッパや、南米や。あらゆる人達との接点ができた。

彼ら。日本人からしたらずっとプラグマティストな彼らは、ぼくらが日本の会社だとか、まだまだ小さな会社だからということではなく、やっていること、できあがっているサービスが評価できるのか。そこを見てくれた。

まだまだやることはたくさんある。
ぼくたちは、最初の一歩を踏み出しただけだ。

次の一歩も、その先の一歩も。そのひとつひとつが、ぼくららしく、グルーヴノーツらしく。そして、誇りを持って福岡の企業らしく。そんな一歩でありたい。

ますます、そう思えた。

0 件のコメント:

コメントを投稿