2017年1月26日木曜日

サタデースクールはじめます

子どもたちがテクノロジーに触れ、テクノロジーと遊べる場所「テックパーク・キッズ」。はじめのうちは、「子どもたちが理解するには、子ども向けのコンテンツじゃないとダメじゃないか。」とか考えていました。

でも、集まってくる子どもたちに触れていると、そうじゃないってわかってきた。

「子どもだから」ではなく、「はじめてテクノロジーに触れる人たち」の入り口を準備し、その先の道を用意してあげること。ぼくたち自身エンジニアなので、テクノロジーの楽しさは熟知している。だから、適切な入り口さえ用意してあげれば、あとはその先がどんなに楽しいかは、いくらでも見せてあげられる。


例えば低学年生には、マインクラフトの仮想空間で作り上げた建造物を3Dプリンターで出力したり、高学年生は専門家が使うようなプログラム言語で、ゲーム作りをしたり。つまり、子供向けの子供のツールではなく、子供の入り口を準備したプロのやり方を、ぼくたち自身の知識と経験で作り上げてきた。

まぁ、とにかく驚くほど緻密な建造物を3Dプリンタで出力する子とか。素晴らしくプログラムセンスの良い子とか。ゆっくりだけど、最後にはすごい個性を見せつける子とか。

ひとりひとりキラキラするような個性の持ち主ばかり。

たぶん、テックパークに集まってきた子どもたちがキラキラしているだけじゃなくて、子どもたちには、ちゃんとした入り口さえ用意してあげて、自分のペースで、自分の個性で、その先の歩き方を教えてあげれば、だれだってまぶしいくらいの個性を発揮できるということなんだ。

そんな誇らしくも素晴らしい場所。子どもを通わせたいけれど、平日の学童保育としては通えない。だから、休日にカリキュラムだけ受けられないか。そんな声が多く寄せられていました。

ぼくたちは、塾を作ったつもりじゃないし、子どもたちをたくさん集めすぎて、一人一人の個性が輝きはじめるのを手伝えなくなってしまうのも嫌なので、ちょっと躊躇していたのも確か。

でも、子どもたちと一緒に作り上げてきたコンテンツを、みんなメキメキと吸収していくのをみて、決めました。

土曜日に、ぼくたちのカリキュラムを受けられる時間。サタデースクールをはじめます。

コンテンツは3つ。

「ゲームをつくろう!プログラミングコース」
「ロボットで学ぶ電子工作コース」
「パソコンでマインクラフトコース」

入り口は誰でもできるものばかり。そして、やり続けるならその先は、どこまでも刺激的なワクワクする世界ばかり。

詳しくは、佐々木のブログをみてください。

コンピューターで思いっきり遊びたい子どもたち、あつまれ。

0 件のコメント:

コメントを投稿