2016年8月2日火曜日

三重県鈴木知事に来社いただきました

人の縁は、不思議な偶然でつながるものだ。
たまたま当社の佐々木を訪ねてきた人が、ぼくと20年前に仕事で接点があった人で、その人が、たまたま福岡に訪問された三重県の鈴木知事に、「福岡に面白い会社がありますよ」という助言をしてくれたことで、なんと知事が訪問していただくことになった。
もちろん首長の訪問はこれがはじめてではなく、オフィスオープン時に誰よりも早く高島市長に訪問いただいた。けれど残念ながらオープニング・イベントもあったので、まとまった時間が取れず、さらっと説明しただけ。ほんとにすみませんでした。
今回の知事訪問は、スケジュールの都合もあったのだと思うけど、比較的時間に余裕があったこともあり、資料も用意して、佐々木と二人でジックリと説明させていただきました。
ぼくらがやっているサービス「MAGELLAN BLOCKS」は、「圧倒的をすべてのひとに」というコンセプトで、IoTやビッグデータを、誰でも簡単に取り扱えるようにしているそして、これからリリースする機械学習サービスも、やっぱりプログラミングとか意識することなく、できるだけ手軽に扱えるようにしている。そうしたことなどを、利用する企業は何を狙っているのか。産業に与える影響は何か。などをご説明させていただいた。
こうしたサービスは、IT部門の人たちだけではなく、事業サイドの人たちにも、新しい事業の形を模索する武器になるはずだし、IT部門を抱えられないような企業にも、IoTや機械学習という新たな武器で、事業を研ぎ澄ませるキッカケにもなるはず。
つまり九州にある多くの企業にも、これまでとは全く違うアプローチで事業拡大していくチャンスを与えるのだ。
実際多くの企業と、今こうした取り組みをスタートしていて、特に九州では社会インフラ系の話が多く、新たなアプローチが地方自治体に与える経済的効果や、産業的な広がりなどについて、鈴木知事の知見などもお聞きしながら、とても意義ある時間を過ごせた。
そして、こうした取り組みをしているぼくたちが、さらに日々ブラッシュアップをしながら、子どもたちに向けたコンテンツを作成し取り組んでいるTECH PARK KIDSについて。さらに、ものづくりスペースのTECH PARK MAKERSについてもご案内した。

Minecraftで協力しあう子どもたちと知事

子どもだから、子どもっぽいコンテンツの方がいいのかというのではなく、子どもでも、場合によっては大人が取組むようなモノのほうが断然効果が高いこともある。
こうしたことは、MAGELLAN BLOCKS事業にも言えることなわけで、翻って考えてみると、ぼくらなりの地域への根ざし方というか、事業戦略の社会的な価値の創造というか、そういうマイケル・ポーター的なアプローチが、企業には重要なのだということなどについて。などなど。

グルーヴノーツ名物にも乗っていただきました
ほんとに様々なディスカッションができて、本当に沢山の刺激をもらえました。福岡の首長も、訪問いただいたらキチンと説明させていただきます。
なぜか、県外や海外からの訪問の方が、圧倒的に多い会社ではありますが。。