2016年3月21日月曜日

ひさしぶりのカイトサーフ

風もなかなか吹かなかったし、海外出張も入ったりと、なんだかんだで
海から遠ざかってました。

が。

ようやく時間もでき、風も吹き、久しぶりの海。長い冬が終わったのねと実感するようなコンディション。この間乗れたのが2月14日なので、36日ぶり。


今回乗った唐津の通称「テトラ前」は、その名の通りテトラが並んでいる場所。なのでgetting outはいったんテトラの間を抜け沖まで行き、それから波が入っているポジション狙って沖から波に絡みながら浜に近づく、というのが自分なりの定番スタイル。

波に絡み始めるまでのルートが長いのと、久しぶりなのもあって、数時間で背筋が筋肉痛。

波はジャンクで、ウネリも小さく、完全に風波。いい波なかなか来ないし、そこそこ立つのは浜側。といっても浜側は他のカイトボーダーもいるので、遠慮気味にいかないと迷惑かけてしまう。普通のカイトボードは、比較的直線的な動きで移動するけど、カイトサーフは波に乗ると急に角度とスピードが変わったりして、他の人の進路を唐突に妨害してしまったりとかあるからね。


とはいえ、みんな顔見知りばっかりだったし、こっちの動きも読めていたのか、なんとなく道を譲ってくれてる感じだった。やっぱ、馴染みの海はいいよね。

久しぶりなんだけど、ちょっと前より高速でシャープにJiveできるようになったかも。乗ってなくても、あれこれ考えるのは役に立つんだろうな。

一日開けた連休最終日の今日。時間をやりくりして愛宕浜で昨日の感覚を復習。


波が無くてもできるのがカイトサーフのいいところなんだけど、やっぱり波が無いのはつまらない。波があっても昨日みたいにジャンクなのは疲れる。

やっぱり、次回からはツインも持って行こう。コンディションは思い通りにならないからね。

0 件のコメント:

コメントを投稿