2016年3月28日月曜日

世界のなかにいるということ

先日、世界中のGoogleパートナーが集まるイベントに参加した。そこで2015年クラウド関連で最もめざましい活躍をした企業を表彰するところがあり、なんとウチの会社「Groovenauts」がファイナリストに選ばれました。

一番右下にGroovenautsのロゴが!

最優秀に選ばれたのは、テルアビブに本社がある会社。テルアビブ、つまり現地流に言うとエルサレム。イスラエルの首都。嘆きの壁があって、ゴルゴダの丘があって、幾つかの宗教の聖地。

調べてみたら、イスラエルの人口は約800万人。福岡県の人口が500万人で、神奈川県が900万人。だから、その中間くらいの規模。

Googleという会社と仕事をしていると、製品だとかサービスの機能や性能といったもの以上に、彼らの考え方とか、仕事に対する取り組み方とか、そういう文化的なものにとても刺激を受ける。

特に最近感じるのは、「世界は一つ」という意識。たまたまぼくらは日本という国の、福岡という土地に本社を構えているけれど、それはGoogleにとっては何の意味もないことであり、それよりもやっている内容、仕事の実績。そういうことの方が、ずっと価値があると考えているのだろう。


国の違いや、人種の違い。宗教や、食い物や、いろんな違い。違いなんていろいろある。でも、嬉しいこと、悲しいこと。愛情とか、悩みとか、苦しみとか。人間である以上共通することは、違いなんかよりもっともっとあるはずだ。だから、全人類に共通の課題とか、喜びとか、そういうことにもっと目を向けて、解決していくことの方が、ずっと大きなビジネスにつながるはず。なんか、そういう風に考えていると思うんだよな。

他の企業だったら、アメリカ本社と日本法人というのがあり、日本は日本で社長がいて、その下で日本独自のオペレーションをしていたりする。

「日本は、他の国とは違うんだよ。」というのであれば、そういう制度は仕方ないのかもしれない。しかしそれは、「東京は、他の都市とは違うんだよ。」とか、「九州は、他とは違うんだよ。」とか。そういうことにもつながるわけだ。

地域性を否定するわけじゃないけど、だからと言って発想を地域の中に閉じ込める必要はない。日本でやっているから、日本だけを見ればいいわけでもなく、日本の問題だけを考えればいいわけではない。同じように、福岡でやっているから、福岡だけを見ればいいわけでもなく、九州の問題だけを考えればいいわけではない。世界は、驚くほど近く、驚くほどつながっていて、驚くほど均質化しつつある。

だからこそ。世界中に拠点があるわけじゃなくたって。世界中の人と取引をしているわけじゃなくたって。ここが世界なんだと意識して、誰にも負けないように知恵も努力も惜しんじゃいけないんだ。

ぼくらはみんな、世界のなかにいて、世界中の人たちとつながっていて、世界中の人たちと刺激しあい、競い合っている。そうなんだよなと、アメリカに行って感じた。つくづくね。

2016年3月24日木曜日

Googleが加速させる未来

数年前に、某ネットワーク・インフラ企業の研究者と打合せをした。その時にしみじみと言われたのが、「昔と今ではインターネットの構造がガラリと変わってしまった」ということ。

昔は、中小ISPが大手ISPにぶら下がり、大手ISPはIXを通じて他とつながり、海外と繋がるというピラミッド構造をしていた。

しかし、今は違う。変えたのはGoogle。



Googleは、世界中のトラフィックを見ながら、ピラミッドの末端か根本かに関係なく、最も効率良く応答を返せる場所に、直接回線を引いた。

その結果、世界のインターネットトラフィックは、Googleを経由して流れるようになった。数年前の情報では、世界の40%のトラフィックがGoogle経由だとか。

Googleのクラウドサービスについて話を聞いて、「なるほどなぁ」と思ったわけだけど、彼らは世界中の自社データセンター間を、自前の通信回線を敷設してつないでいる。それもありえないくらい太い回線で。

日本とアメリカの間も、自前で海底ケーブルを敷設している。

そしてその回線とつながっているデータセンターが、いよいよ日本にもオープンする。

結局、今おきている様々な技術革新は、すべからく分散技術の上になりたっている。分散システムになればなるほど、システム全体はネットワークシステムのような性格になってくる。最も警戒しなければならないのは、CPUやI/Oの負荷ではなく、輻輳だったりとか。レスポンスを意識するよりも、スループットを意識しなければならないとか。

つまりネットワークが圧倒的に強化されていないクラウドサービスは、極めて大きな分散システムには向かないのだ。

ネットワーク性能という点で言うと、クラウドベンダーは脆弱なところが多い。データセンター間もそうだけど、データセンター内のネットワークも貧弱。

データセンター間も、データセンター内のネットワークも、ぶっ飛ぶくらい高性能なGoogle。なんでそんなに強化するのか。それは、極めて巨大な分散システムが、これからのクラウドサービスでは、もっと言うならこれからのコンピュータ・システムではとても重要だから。

つまりそれが、機械学習。

そして、ついに今朝のイベントで、発表されました。


VisionAPIも、SpeechAPIも、Googleの学習データを利用できるという素晴らしいサービスなんだけど、やっぱり注目すべきは、機械学習専用の処理プラットフォーム「Cloud Machine Learning」。

こいつは、自分なりの学習データを作成して、独自の判断をする機械学習システムをつくりあげるためのものだ。

そのためのソフトウェアとして、すでにTensorFlowというオープンソースを発表していたわけだけど、やっぱり本格的に使うなら分散環境は必須なわけであって、それはかなりのデータ分散や処理分散が必要となる。ということは、今まで以上に強力なネットワークシステムがなければならない。

しかもTensorFlowのモデル化や可視化に、DataLabを使えるとか。Googleらしいというか、他の会社ではやらないような機能も強化してきた。

たぶん、これでだんだんと、誰もが気軽に機械学習を利用できる時代が、少しずつ近づいてくるのだと思うんだよ。

そしてそれは、コンピュータ・システムの根本的な変革点が訪れているということでもある。

2016年3月21日月曜日

ひさしぶりのカイトサーフ

風もなかなか吹かなかったし、海外出張も入ったりと、なんだかんだで
海から遠ざかってました。

が。

ようやく時間もでき、風も吹き、久しぶりの海。長い冬が終わったのねと実感するようなコンディション。この間乗れたのが2月14日なので、36日ぶり。


今回乗った唐津の通称「テトラ前」は、その名の通りテトラが並んでいる場所。なのでgetting outはいったんテトラの間を抜け沖まで行き、それから波が入っているポジション狙って沖から波に絡みながら浜に近づく、というのが自分なりの定番スタイル。

波に絡み始めるまでのルートが長いのと、久しぶりなのもあって、数時間で背筋が筋肉痛。

波はジャンクで、ウネリも小さく、完全に風波。いい波なかなか来ないし、そこそこ立つのは浜側。といっても浜側は他のカイトボーダーもいるので、遠慮気味にいかないと迷惑かけてしまう。普通のカイトボードは、比較的直線的な動きで移動するけど、カイトサーフは波に乗ると急に角度とスピードが変わったりして、他の人の進路を唐突に妨害してしまったりとかあるからね。


とはいえ、みんな顔見知りばっかりだったし、こっちの動きも読めていたのか、なんとなく道を譲ってくれてる感じだった。やっぱ、馴染みの海はいいよね。

久しぶりなんだけど、ちょっと前より高速でシャープにJiveできるようになったかも。乗ってなくても、あれこれ考えるのは役に立つんだろうな。

一日開けた連休最終日の今日。時間をやりくりして愛宕浜で昨日の感覚を復習。


波が無くてもできるのがカイトサーフのいいところなんだけど、やっぱり波が無いのはつまらない。波があっても昨日みたいにジャンクなのは疲れる。

やっぱり、次回からはツインも持って行こう。コンディションは思い通りにならないからね。