2016年1月10日日曜日

SUP修行中

こんな感じ

今日も風が吹かないので、はじめたばかりのSUP練習に愛宕浜へ。

愛宕浜は、家から5分くらいの砂浜。博多湾の中ということもあり、岸壁があることもあり、波が穏やか。なのでカイトとかウインドとか、平水面で練習したい時にちょうどいい。

とは言え、今日は岸壁を出て室見川を行くのが目標なのだ。平水面で乗れた気になっていてはいけない。男なら、一度は生まれ育った土地を後にして、世間の荒波に揉まれるべきだ。そーだ、そーだ。

そう思って家を出たのだった。

曇り空の愛宕浜。最初はこんな感じだった。

着いてみると、カイトやるほどじゃないけど風速3メートルくらいの西風が吹いていて、海面はchoppy。(チャッピーじゃなくて、チョッピーね。海面が波立ってるということ。ちなみにチャッピーは、昔飼っていた犬。チャッピーちゃん。)

カイトだったらこの程度の波、なんてことないんだけど、慣れないSUP。「あ!」「う!」ってな感じで乗ったんだよ。

これは、岸壁でたらコケそう。いや、コケてもいい。いや、やっぱりやだ。
そんな感じで、激しく人生の相剋に悩んだのだ。

ちょっと出て百道を撮ってみた

そんなぼくのボードは、波乗りしたくてWave用SUP。波もないのに、波あったらコケるのに、Wave用SUP。

こんな感じで乗りたいのよ、もうちょっとね

やっぱり、あれだからさ。ココロザシってやつだからね。挑戦しないと永遠に到達できない。って、そんなやつ。


偉そうなこと言ってはいても、実際のところヨタヨタなわけだ。で、見かねた吉村さんが、レース用ボードを貸してくれた。でかいやつ。(吉村さんは、愛宕浜で「海と風のがっこう」というNPOを運営している立派な人なのだ)

これが結構乗りやすくて、幅1キロの愛宕浜を何往復か。

これだったら、室見川いけちゃうよね。そう、今日の目標は、室見川なんだよ。コケるとかコケないとか、関係ないのだ。うっかり忘れそうだった。

で、漕ぎだした。快調に進むオイラ。岸壁を出て、choppyな海面に揉まれ、大海原に出たのだ。もしかしたら、生きて帰ってこないかもしれない。

でも、それでも、いーのだ。

室見川って、ほんとデカイよね。カイトで一度だけ室見川に入ったことあるんだけど、ちょっと風が変わるというか、なんかヤバい感じがしたので、中までいけなかった。

これがカイトボードだよ


その室見川を、きわめてシンプルなSUPでひたすらすすむ。

そしたら空も晴れてきて、景色もいいし。
あー、これだから海はいいよね。

カイトボードのエクストリームな感じは、たまらなく好きだけど、こういうユッタリとした感じもいいよね。

室見川に入ったところから。すごく晴れてきた
いい気になって漕ぎ続けたんだけど、もしかして帰りは大変なんじゃないかと思い始めた。野生の感というやつ。

で、帰りの燃料あるかとか、そういう計算とかも瞬時にやったね。

反転して戻ろう。

そしたらだね、ここまで気持ち良く来れたのは、波も後押ししてくれてたし、風も追い風だったんだよ。

やっぱり野生の感は正しかった。

んなことどーでもいいんだけど、しかたないから、とにかくひたすら漕ぐ。こんな微風なのに。カイトだったら、「なんだこの風」とかバカにするレベルなのに。ごめんなさい風の神様。

向かい風がこんなにきついなんて。

なんていうか、ガレー船。そう、あの奴隷がひたすら漕ぐやつ。


あの気分に完全になって。だから、ひたすら頑張って漕ぐしかない。

もう、Waveがどーだとか、コケるとかコケないとか関係ないし。
とにかく一歩一歩前に進むしかないわけだし。

ヘロヘロになって出発した場所まで戻ったら、みんなから「どこまで行ったの?」って聞かれて。室見川って答えたら、「あー、それはきついね」。みなさんベテランなので、距離というかコンディションというか。ぼくの技術レベルとの兼ね合いで考えてくれた。

ですよねー。

気がついたら、choppyな海面、なんかどーでもよくなっていて。普通に乗れるようになっていた。

でも、きついわー。練習になったけど。

浜辺でへばっていたら、通りすがりのおじいさん。

道具見てサーフィンやってるのかと勘違いしたのか

「今日は、波が無くてつまらないでしょ?」

いやー。

ほんと、ごめんなさい。頑張ります。

0 件のコメント:

コメントを投稿